メニュー

スタッフブログ - 行政書士大阪国際法務事務所

〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-2-13 マエダビル403

06-4708-8767電話受付時間/10 - 19時(平日) ※メールは24時間受付中国語・韓国語対応可能

スタッフブログ

经营管理签证更新的常见问题

カテゴリ: 経営ビザ・投資ビザ 公開日:2018年07月18日(水)

今天将介绍一些客户常常关心的问题,特别是已经持有经营管理签证(投资签证)的客户的疑问。客户在来到日本之后,当然会希望能顺利更新签证,长期稳定的生活在日本。签证的更新其实并没有想象中复杂,只要努力、踏实地经营公司,遵守法律,公司的营业也相对稳定的话,基本上不需要担心更新的问题。

永住権と滞在日数・在留日数について

カテゴリ: 永住権・永住ビザ 公開日:2018年07月17日(火)

永住権を申請する場合は,基本的には,10年間日本に継続して滞在しており,その内5年以上は,就労ビザや居住ビザをもって在留を継続しておく必要があります。

ここで問題となるのは,日本のビザを持っている期間ではなく,滞在の期間ということです。そのため,実際どの程度日本に居たのかが審査の対象になります。

在日韓国人の社長の帰化申請

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年07月13日(金)

本日は旅館業許可の手続きのため大阪府咲洲庁舎に行ってきました。

コクモスクエア駅で降りるといつもは大阪入管へ行くので,なんだか今日は少し変な気分です。

咲州庁舎許認可

 

写真の咲洲庁舎では旅行業許可申請や建設業許可申請の手続きを行っています。

特定活動 9月に卒業する留学生の場合

カテゴリ: 就労ビザ・仕事ビザ 公開日:2018年07月12日(木)

日本の在留資格は,「技術・人文知識・国際業務」や「日本人の配偶者等」など,予め活動内容に応じて種類が決められています。

しかし,現実の社会において,外国人が行う活動は多種多様であり,数十種類の在留資格で網羅することは不可能と言えるでしょう。そこで,固定の在留資格でカバーしきれない活動を補うため「特定活動」の在留資格が設けられており,外国人の様々な活動内容に対応しています。

今回は,その内の一つの例を紹介したいと思います。

经营管理(投资)签证-在日本成立公司的方法

カテゴリ: 経営ビザ・投資ビザ 公開日:2018年07月11日(水)

很多客人前来咨询经营管理签证时,都表示日本的公司设立手续及流程非常复杂难懂。今天的博客将介绍几种典型的办理流程,供大家参考。在掌握了大方向的前提下,您可以选择适合自己的方式,向我们咨询下一步的细节,我们会根据您的情况,回答您关心的细节问题。

【国際結婚・結婚ビザ】必要なものは全て用意して頂けたので、とても楽でした。

カテゴリ: お客様の声 公開日:2018年07月10日(火)

短期滞在ビザ(観光ビザ)から配偶者ビザへの変更をご依頼頂いた,A.J様よりお客様の声を頂きました!

お客様アンケートの結果

〇当事務所のサービスについて,ご意見・ご感想をお聞かせください。

 必要な物は全て用意して頂けたので,理解しやすく,メールと電話でのやり取りであったため,直接出向く必要がなかったのでとても楽でした。

 

37 お客様の声

 

担当者からの一言

A.J様は,短期滞在ビザから配偶者ビザへの変更だったため,通常の変更申請に比べて審査は厳しいものになりました。

しかし,A.J様ご夫婦は,本国での十分な交際履歴があり,また,プラスの事情が多数あったので,日本で夫婦一緒に滞在する必要性について詳細に説明と証明行い担当審査官にも理解してもらうことができました。

おかげさまで,申請から2週間もしないうちに許可通知をもらうことができ,お二人にも喜んで頂けました。

 

これからの日本での生活を,私共も応援しています。頑張ってください!

※A.J様ご夫婦のお写真

37 ご夫婦の写真

 

 

大阪での帰化申請の面接も無事完了

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年07月09日(月)

先月帰化申請された方の面接が,本日無事終了しました。

通常は3~4ヵ月での面接が一般的ですが,とてもスムーズに進み1ヵ月での面接完了となりました。

 

今週は東京法務局への帰化申請,大阪入管・名古屋入管への申請と忙しい一週間になりそうです。

 

さて,本日は帰化申請の面接についてです。

帰化申請では,申請をした後,おおよそ3~4ヵ月後に法務局で面接があります。(15歳以上の方について)

国際結婚と中国の公証書取得ー離婚歴がある場合

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2018年07月06日(金)

中国人との国際結婚手続きで,日本の役所に婚姻を届出る場合,現在独身であることを確認するために「独身公証書」や「無婚姻登記記録証明公証書」等を求められるケースがあります。これらの公証書は,中国国内の公証処で発行されるものです。初婚の方については,居民戸口簿の婚姻状態欄に「未婚」と記載されているはずなので,独身公証書等の請求手続きはそれほど難しいことではないでしょう。

しかし,過去に離婚歴のある方,特に居民戸口簿の婚姻状態欄に「婚姻」や「再婚」と記載されているケースにおいては,独身公証書等の発行手続きが複雑になり,困っているという声をよく耳にします。

経営管理ビザ(投資ビザ)-事務所移転時の注意事項

カテゴリ: 経営ビザ・投資ビザ 公開日:2018年07月05日(木)

経営管理ビザ(投資ビザ)を申請する際,日本での事業所が確保されていることを証明する必要がありますので,基本的に事務所の賃貸借契約書等を提出する必要があります。ただし,経営管理ビザを取得したあと,事業の経営状況等をみながら,事務所を移転する場合もあると思います。

そこで,事務所を移転する場合の必要な手続きと,注意事項をお伝えします。

造船・宿泊(観光)・農業・介護・建設分野での新しい就労ビザ(在留資格)

カテゴリ: 就労ビザ・仕事ビザ 公開日:2018年07月04日(水)

先月,6月15日に政府が閣議決定した「骨太の方針」において,新たな在留資格創設による外国人労働者の受け入れ拡大方針が正式に表明されました。どの業種での在留資格なのか明記されていませんが,対象業種として,「造船・宿泊(観光)・農業・介護・建設」分野が想定されています。そこで,簡単にその概要をお伝えしたします。

※今後,正式な条件や必要書類などが定まっていくことになりますので,以下の情報は確定情報ではありません。予めご了承ください。

Copyright©行政書士大阪国際法務事務所All Rights Reserved. - [login]