メニュー

スタッフブログ - 行政書士大阪国際法務事務所

〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-2-13 マエダビル403

06-4708-8767電話受付時間/10 - 19時(平日) ※メールは24時間受付中国語・韓国語対応可能

スタッフブログ

国際結婚・配偶者ビザ解説の基本ページはこちら

各ブログの詳細を読みたい方は,各記事の下にある『詳細情報』をクリックしてください。

国際結婚とアポスティーユ

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2022年03月25日(金)

外国で婚姻手続きを行う際,日本人側が独身であることを証明する資料(戸籍謄本等)など,日本の公文書の提出が求められます。ですが,戸籍謄本をそのまま外国の役所に提出しても,外国の役所はそれが本当に日本の役所が発行したものなのか判断することができません。

 

そこで,日本の外務省に “この書類(戸籍謄本)は確かに日本の役所が発行した書類です。偽物ではありません。”と証明してもらうことができます。外務省による証明方法は「公印確認」「アポスティーユ」の2通りあります。

 

公印確認

 

公印確認とは,公文書上に押印されている公印について,その公文書上に外務省の証明を行うものです。その後,駐日外国大使館で領事認証を取得して,最終目的地である外国の役所に提出します。

 

~手続きの流れ~

公文書取得 → 日本の外務省で公印確認 → 日本にある外国大使館で領事認証 → 外国の役所

 

アポスティーユ

 

アポスティーユとは,ハーグ条約締結国に公文書を提出する際のみ利用することができます。ハーグ条約締結国は下記URLから確認することができます。

出典:外務省ホームページ https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000610.html

アポスティーユを取得すると,日本にある外国大使館での領事認証を省略することが出来ます。

 

~手続きの流れ~

公文書取得 → 日本の外務省でアポスティーユ → 外国の役所

 

以上が,公印確認とアポスティーユについての簡単な説明になります。

 

公印確認及びアポスティーユの方法

 

公印確認とアポスティーユは,前述の通り日本の外務省で行います。

外務省本省(東京)または大阪分室の窓口で申請するか,外務省本省または大阪分室に対して郵便で申請する方法があります。

 

下記URLから具体的な必要書類・申請方法が確認できます。

出典:外務省ホームページ「申請手続きガイド」

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000608.html#section2

※現在は,新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,基本的には郵便での申請が推奨されています。

※外務省本省での窓口申請の場合は事前予約が必要となりますのでお気を付けください。(2022年3月25日時点)

 

なお,外国の公文書を日本の役所に提出するときは,上記と同じ考え方で外国の外務省による認証を取得することになります。

 

具体例(フィリピン人との国際結婚)

 

フィリピン在住のフィリピン人の方と日本で先に結婚する場合,日本の役所からアポスティーユ取得済みの「CENOMAR(セノマー)」という無婚姻証明書の提出が求められます。

このときは,フィリピンの書類を日本の役所に提出するので,フィリピンの外務省によるアポスティーユを取得する必要があります。

フィリピン人の独身証明書は,PSA(フィリピン統計局)で発行されますので,

手続きの流れとしては下記の通りとなります。

 

PSAでCENOMAR取得 → フィリピンの外務省でアポスティーユ → 日本の役所に提出

 

最後に

 

今回は,外国の役所に日本の公文書を提出する場合,日本の役所に外国の公文書を提出する場合の一般的な手続きをご説明しました。提出先の役所によっては,アポスティーユ認証はいらない,外務省の公印確認のみでいい,というように,例外的な対応をすることもあります。そのため,提出先の役所に,公印確認やアポスティーユが必要かどうかご確認いただくことが重要です。

 

当事務所の専門チームへのご相談方法は…

まずはお電話・メールにて当事務所へご連絡を!! 

初回相談料は無料です。

お客様のご希望や状況等をヒアリングさせて頂き、申請方法や結果までの見通し等をご説明させて頂きます。また、当事務所へご依頼頂いた場合の費用について、お客様のご事情をふまえお見積り金額をご案内いたします。

  1. 06-4708-8767電話受付時間/9 - 18時(平日)※事前予約で時間外相談可能メールでのご相談は24時間受付
  2. メールでのご相談はこちら

アメリカからの移住について

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2022年02月10日(木)

最近,アメリカから日本への移住についてのお問い合わせが増えています。

ご相談内容は様々ですが,主に下記2つでのご相談が多い印象です。

 

パターンA

長年アメリカで暮らしていたご夫婦が日本へ移住。

アメリカ人配偶者のビザ取得をご希望。

 

パターンB

長年アメリカで暮らしていて,アメリカの市民権を取得された元日本人の方が,

日本への移住をご希望。

※アメリカの市民権を取得されれば,日本国籍は自動喪失します。

 

そこで今回は,上記パターンでよくあるご質問について回答していきます。

 

Q.日本に住んでいる親族に収入がありませんが大丈夫でしょうか?

A.在留資格認定証明書交付申請を行う際,申請代理人や身元保証人として,日本在住のご親族の協力が必要となります。ただ,移住予定のご夫婦やご本人の収入が安定しているのであれば,申請代理人や身元保証人の収入は重要ではありません。

 

Q.収入源がアメリカの年金しかありませんが大丈夫でしょうか?

A.日本移住後もアメリカの年金が得られることが書類で立証できるのであれば

日本での収入がなくても問題ありません。

 

Q.配偶者ビザは1年ごとに更新しないといけないのですか?

A.パターンA・Bの場合,1回目のビザ申請でかなり高い確率で「3年」の在留期間が付与されます。

そして,日本に移住してから1年が経過していれば永住申請をすることが可能となりますので,更新申請を一度も行わない方も多くいらっしゃいます。

※永住申請には年金・健康保険の加入状況も審査対象となりますので,適切に公的義務を履行しているということが必要です。

 

Q.アメリカの市民権を取得した後,日本国籍の喪失届を出していません。戸籍に反映されるまでにどれくらい時間がかかりますか?

A.お住まいの地域を管轄する日本総領事館でお手続きしていたただいた後,大体1ケ月半で国籍喪失の事項が反映されます。ただ,今は新型コロナウイルスの影響で,役所によってはもっとお時間がかかるケースがございますので,お早めにお手続きされることをおすすめします。

 

Q.日本に協力者がいない場合はどうすればいいですか?

A.この場合は様々な方法があります。

・日本人の方が一度日本へ帰国して,在留資格認定証明書交付申請を行う

・ご本人が短期ビザで日本へ入国して,短期滞在ビザから配偶者ビザへの在留資格変更許可申請を行う

・ご本人が日本総領事館で直接査証申請を行う

等です。

お客様の状況をお伺いした上で,当社からおすすめの方法をいくつかご提案させていただきます。

 

国際結婚とパスポート

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2021年12月17日(金)

国際結婚において,日本の役所で先に婚姻届を提出(創設的届出)する場合,

役所窓口では外国籍の方のパスポート原本の提示を求められます。

 

これは,外国籍の方の国籍を確認するためです。

外国籍の方の国籍がきちんと確認できなければ,役所の方もどの国の法律を確認すれば良いのか分からなくなるため,国籍確認は国際結婚の際には非常に重要となります。

 

外国籍の方が日本在住であれば,パスポート原本の提示は容易ですが,

外国籍の方が海外在住の場合はパスポートの代わりに「国籍証明書」を提出することでお手続きは可能となります。

 

ただ,「国籍証明書」という書類がない国もたくさんありますので,別途役所と協議をしていくことになります。

 

役所やお相手の方の国籍によって対応は異なりますが,下記のような書類でお手続きを進めていくことが可能です。

 

・外国官憲が発行した別の書類(例えば独身証明書等)に国籍が記載されていれば,その書類

・パスポートのコピーと申述書

・パスポートのコピーを現地の公証役場で認証したもの

・出生証明書 

※出生地主義(出生による国籍の取得について、出生した国の国籍が付与される方式のこと)の場合

 

コロナ禍でなかなか今までのようにスムーズにお手続きが進められないという話をたくさん耳にします。

確かに,当事者2人が揃って窓口に行かないと有効な婚姻と認められない国もございますが,多くの場合は当事者2人が揃っていなくてもお手続きを進めていくことが可能です。

 

ご結婚手続きがなかなか進まずお困りの方は,ぜひ一度当社までお電話ください。

申請から入国までにかかる時間

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2021年10月01日(金)

いまだ日本は厳しい入国制限が続いていますが,特段の事情があるものとして認められた方(日本人や永住者の配偶者の方等)については,入国が可能となっております。

そんな中,ご入国可能なお客様から「申請から入国までどれくらい時間がかかりますか?」というご質問を受ける事が多々あります。

 

そこで今回は現在(2021年10月1日時点)お手続きにかかる大体の時間について説明いたします。

 

①在留資格認定証明書交付申請(約2か月)

一般的に外国人の方を日本に呼び寄せる場合,「在留資格認定証明書交付申請」を管轄の出入国在留管理局に行います。

入管での標準審査期間は1~3か月とされていますが,2か月前後お時間がかかるケースが多いです。

 

②在留資格認定証明書を国際郵便で送付(約1週間~2週間)

申請から約2か月後,許可となった場合には在留資格認定証明書が交付されます。

どの国,どのエリアに郵送されるかにもよりますが,国際郵便には1週間~2週間程度お時間がかかることが多いです。

 

③在外公館での査証申請(約2週間~1ケ月)

②で交付された在留資格認定証明書を使って,在外公館で査証申請を行います。

平常時であれば,査証申請にかかる時間は5営業日程度とされていますが,現在(2021年10月1日時点)は,新型コロナウイルスの影響で査証申請の審査にお時間がかかっています。

当社のお客様の状況を見ていると,早い方で約2週間,お時間がかかる方で1ケ月程度お時間がかかるケースが多いです。

現在,査証申請の審査は東京の外務省本省が行っておりますので、お急ぎのご事情がある場合は,外務省本省にお電話でご説明いただくことで,査証申請の期間が比較的短くなっているような印象を受けます。

 

④航空券の予約,PCR検査の予約等入国準備

航空券の予約やPCR検査の予約等ご入国準備にかかるお時間は,日本への航空便の就航数やお客様のご事情によってそれぞれ異なります。ただ,稀に査証が発給される前に航空券を購入される方がいらっしゃいますが,査証の発給の可否や発給にかかる時間は分かりませんので,査証が発給されてからご入国の最終準備を進めていただくことをお勧めしています。

 

このように,申請から来日までにかかる時間は、4か月前後かかることが多いです。

ビザの準備をする場合は,余裕を持って半年前を目安に準備をされることをおすすめします。

 

 

コロナ禍での国際結婚手続きについて

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2021年08月20日(金)

今回は,コロナ禍での国際結婚のお手続きについて少し解説していきたいと思います。

 

新型コロナウイルスが流行する前と現在で,国際結婚のお手続きの流れが変わった国がたくさんあります。

今回は,お相手の方が外国にいらっしゃって日本に来られないケースの一部事例をご紹介します。

 

【アメリカ】

以前は,アメリカの方が来日し,在日米国大使館または総領事館で婚姻要件具備証明書(宣誓供述書)を入手して

日本の役所で婚姻届を提出する,というのが一般的な方法でした。

しかし,今はアメリカの方が婚姻前に来日することができません。

そこで,在日米国大使館または総領事館が発行する婚姻要件具備証明書(宣誓供述書)ではなく,

お相手の方がお住まいの州の公証人の面前で宣言した宣誓供述書でお手続きを進めることとなっています。

 

【カナダ】

カナダもアメリカと同じ対応です。

以前は,カナダの方が来日し,在日カナダ大使館または総領事館で結婚宣誓供述書を入手して日本の役所で婚姻届を提出するというのが一般的でしたが

現在は,カナダの公証人の面前で宣言した結婚宣誓供述書でお手続きを進めることとなっています。

 

【ベトナム】

在日ベトナム大使館・総領事館が発行する婚姻要件具備証明書,またはベトナム本国で発行した婚姻状況証明書で

お手続きをするという二つの選択肢がありましたが,お相手の方が来日できない場合は,ベトナム本国で発行した婚姻状況証明書のみを使うという一択となります。

なお,当社では新型コロナウイルス流行前も現在も,婚姻状況証明書を使ってのお手続きをおすすめしています。

 

【フィリピン】

以前は,在日フィリピン大使館または総領事館で婚姻要件具備証明書を入手して

日本の役所で婚姻届を提出する,というのが一般的な方法でした。

しかし,今はお相手の方が来日できないため,フィリピンで取得した独身証明書や出生証明書,申述書を使って手続きを行うこととなります。

 

このように,新型コロナウイルス流行前と現在で,お手続きの流れが変わった国がいくつかありますが

お手続きが完全に止まってしまうという国はあまりありません。

 

婚姻手続きが上手く進まずお困りの方は,お気軽に当社までお問い合わせください。

 

 

 

 

婚姻届の記載方法に関するご質問

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2021年05月13日(木)

 

今回は,国際結婚をされる際の婚姻届の記載方法について,よくあるご質問をご紹介します。

 

①婚姻届の外国人の妻(夫)の情報は本人が記載しないといけませんか?
→外国人の方が直接ご記入しなければならないのは,婚姻届左下のご署名欄のみです。

 その他の部分は,証人欄を除いてすべて日本人の方がご記入いただいても構いません。

 

②婚姻届上部の氏名欄について,外国人の妻(夫)の氏名はアルファベットで表記していいのか?

→外国人の妻(夫)の氏名欄には,漢字かカタカナで氏名を表記してください。

 なお,婚姻届の氏名欄に記載したお名前は,そのまま戸籍謄本の配偶者欄に記載されます。

 

③外国に住んでいる外国人の妻(夫)の住所はどのように書けばいいのか?

→外国のご住所をご記入ください。国名だけでいいという役所もありますので,婚姻届を提出する役所にご確認ください。

 なお,このときも住所は漢字かカタカナで表記してください。

 

④外国人の妻(夫)の本籍はどのように書けばいいのか?

→国籍をご記入ください。外国人の方に本籍地はありません。

 

⑤外国人の妻(夫)の父母の氏名はアルファベットで表記していいのか?

→②と同じく,漢字かカタカナで氏名を表記してください。

 

⑥婚姻後の夫妻の氏・新しい本籍について,□夫の氏 □妻の氏 はどちらにチェックしたらいいのか?

→国際結婚は夫婦別姓が基本です。そのため,どちらもチェックしなくて構いません。

 夫婦同姓にされたい方で,日本人の方が外国人の妻(夫)の氏に変更したい場合は,婚姻日から6か月以内に,役所に外国人との婚姻による氏の変更届」を提出してください。

 婚姻日から6か月が経過してしまった場合は,家庭裁判所でのお手続きが必要となります。

 夫婦同姓にされたい方で,外国人の妻(夫)が日本人の方の氏に変更したい場合は,外国で氏を変更するお手続きが必要となります。

 

 夫婦別姓を採用している国は,そもそも婚姻によって氏を変更するという手続きがないため,お手続きが出来ない可能性もありますのでご注意ください。

 

 なお,外国人の方の氏を正式に変更するのではなく,日本国内で夫婦同じ姓を名乗りたい,というだけであれば

 「通称名」を市役所で登録するのがおすすめです。通称名が登録されれば,住民票に記載されます。

 通称名で銀行口座を開設することもできますし,運転免許証に本国名とあわせて併記してもらうこともできます。

 

⑦再婚しましたが,離婚日を覚えていません。どうしたらいいですか?

→離婚日が随分前ということであれば,〇〇〇〇年頃という記載や空欄でも受け付けられることが一般的です。

 

⑧外国人の妻(夫)は印鑑を持っていません。捺印欄はどうしたらいいですか?

→署名のみで構いません。しかし,稀に捺印欄に拇印やサインを求める役所もあります。

 そのため署名+サイン(パスポートに記載されているもの)をご記入いただければ安心かと思います。

 

⑨証人は外国人でもいいですか?

→外国人でも構いません。しかし,「外国人の方が証人になる場合は,日本に住所がある方にしてほしい」と役所から言われることが稀にあります。 

 そのため,外国在住の外国人の方に証人になってもらう場合は,事前に市役所に相談されることをおすすめします。

 

婚姻届の記載方法について,大まかなルールはどの役所も同じですが,細かい部分は役所によって異なる場合があります。

そのため,もし分からないことがあれば,婚姻届を提出する予定の役所の市民課/戸籍課にご確認ください。

配偶者ビザと,よくある心配事

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2021年03月02日(火)

先日,岡山県まで申請に行って参りました。大阪から岡山までは新幹線で行けばそんなに時間はかかりません。ただ,広島出入国在留管理局の本局は,広島市が山口県よりにあるため少し時間がかかる印象です。

2021.3.2 岡山入管

 

さて,本日は配偶者ビザのお問い合わせを頂く際,お客様から良く相談される心配事を纏めてみました。

以下の項目は,「〇〇〇の状況なので,配偶者ビザは難しいと聞いたのですが・・・」という内容ですが,全て間違いなのでご安心ください。

 

会った回数が少ない

会った回数が少ないだけで,不許可にはなりません。

3回以上会わなければ許可にならない,と思われる方がおられました。

もちろん,何回も会って交際を深めていくことは大切です。しかし,会った回数が1回だけだからダメということはありません。

大切なのは,どういった経緯で結婚を決めたのかです。

当社の例では,会った回数が1回だけの方でも許可になっている方は多くおられます。ただ,会った回数は1回だけでも連絡は毎日のようにとっておられました。

 

年齢差がある

年齢差があるだけで,不許可にはなりません。

良く聞かれるのが,年齢差が大きいから難しいというものです。

年齢差があるからといって不許可ということはありません。20歳以上の年齢差で結婚されている方も珍しくはありませんし,夫婦として長く生活されているかたも多いです。

私が知る限り,年齢差が大きいということだけで不許可になったという方は聞いたことがありません。

 

交際期間が短い

交際期間が短いだけで,不許可にはなりません。

相談を受ける感じでは,交際期間が半年未満の方は交際期間が短いと心配されているようです。

しかし,交際期間が短くても,結婚に至る経緯がしっかりしていれば許可になっていますので,切なのはその短い期間でどういった形で交際して,結婚を決めたのかという点です。

 

自分が働いていない(収入がない)

結婚した日本人の側が働いていないというだけで,不許可にはなりません。

日本人側が働いていなければ許可にならないと思われる方も多いようです。しかし,配偶者ビザの申請で大切なのは,これから夫婦でどうやって生活していくのかということです。

例えば,相手が日本で既に内定を取っており,来日後は相手が働いて生計を立てていく場合でも許可の可能性はあります。

 

また,日本人側が働きだしたばかりで,課税証明書(所得証明書)が発行できない場合でも,今後の収入の目途が立っているのであれば許可の可能性はあります。

夫婦ともに無職の場合でも,日本に住んでいる家族から生活費等の支援を受ける形で,その支援がある程度確約できるのであれば,許可の可能性はあります。

いずれにしても大切なのは,今後夫婦で必要となる生活費等をどうやって賄っていくのかどうかということです。

 

 

お客様から相談される心配事で,良く相談される内容を纏めてみました。

配偶者ビザの申請では,どうやって出会い,どのようにして結婚に至ったのか,今後夫婦としてどのように生活していくのか,それを示す証拠はあるのかといった点から,婚姻の信ぴょう性を判断されます。

 

そのため,交際期間が短い場合や年齢差がある場合などでも,お二人が普通に交際して結婚に至ったのであれば,自信をもってそれをしっかり説明して申請にチャレンジするべきだと思います。

国際結婚・配偶者ビザ解説の基本ページはこちら

配偶者ビザ申請についてよくある質問

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2020年10月02日(金)

新型コロナウイルスの影響で,外国人の方を雇用する機会が減ったり,日本へ留学に来られる方の数は昨年と比べてぐっと落ち込みましたが,

国際結婚・配偶者ビザについては,以前と変わらず日々たくさんのご相談をいただいたおります。

 

今回は,配偶者ビザのご相談でよくあるご質問について回答していきたいと思います。

 

Q.婚約中に取得できるビザはありますか?

A.日本には,「婚約者」の方のための在留資格はありません。

日本に長期滞在されたいのであれば,まずはご結婚手続きをしていただいた上で

「日本人(永住者)の配偶者等」の在留資格を取得していくことになります。

Q.結婚したら名字は変わりますか?

A.日本人同士の結婚であれば,「夫婦同姓」にしなければなりませんが,

国際結婚では,「夫婦別姓」が認められています。

日本人が,外国人の配偶者の名字に変更されたいのであれば,ご結婚から6か月以内であれば市役所で簡単にお手続きすることができます。

ご結婚から6か月が経過してしまった場合は,家庭裁判所で許可を得る必要が出てきますのでご注意ください!

 

外国人が,日本人の配偶者の名字に変更されたい場合,2つの方法があります。

〇通称名を登録する

〇本国名を変更する

上記2つです。

 

通称名とは,日本国内において,本名以外で法的効力を持つ名前のことです。

そのため,パスポートや本国の身分証のお名前が変わるわけではありませんが, 

通称名を登録することで,日本の住民票や運転免許証に,通称名を併記することができます。

 

本国名を変更する場合は,日本の役所ではお手続きできませんので,日本にある本国の大使館・総領事館でお手続きしていただくか

本国の役所で氏名変更をしていただくことになります。

本名が変わることになりますので,パスポートや本国の身分証のお名前をすべて変わります。

そして,すでに在留カードをお持ちの方で,パスポートのお名前が変わった場合は

入管に対して,「住居地以外の在留カード記載事項の変更届出」を行う必要がありますのでご注意ください。

このお手続きをすることで,在留カードも新しいお名前で発行してもらうことができます。

 

Q.結婚したら配偶者は日本のパスポートになりますか?

A.結婚しても,配偶者の方が日本のパスポートを取得することはできません。

日本のパスポートを取得するということは,日本国籍を保有しているということです。

国際結婚をすることで配偶者が日本国籍を取得することはありません。

 

似顔絵 西田2

 

再婚禁止期間について

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2020年07月07日(火)

この度の九州地方で豪雨被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災された皆様,復旧作業に従事されている皆様のご無事と共に一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

今回のブログでは,婚姻手続きにおける「再婚禁止期間」についてご説明します。

 

日本の民法では,女性に係る再婚禁止期間を前婚の解消又は取消しの日から起算して100日としています。

これは,父性推定の混乱を防ぐことを目的としたものです。

かつては,日本よりも長い再婚禁止期間を定める国が多かったのですが,近年,再婚禁止期間制度を廃止する国が増えています。

 

そんな中,タイは日本よりも長い再婚禁止期間を定めています。

タイではなんと,日本の再婚禁止期間の約3倍の長さ,310日間の再婚禁止期間が定められています。

 

それでは,離婚歴のあるタイ人女性と結婚する場合,310日間待たなければいけないのでしょうか?

 

答えは「いいえ」です。

 

たしかに,タイには再婚禁止期間が定められていますが「妊娠していない旨の医師の診断書の提出」があれば,

再婚禁止期間内であっても婚姻できるとの例外規定があるのです。

※日本にも同様の例外規定が存在します。

 

再婚禁止期間は広く知られていますが,この例外規定については意外と知られていなかったりします。

 

スムーズな婚姻手続きを行うには,綿密な婚姻調査と婚姻手続きに関する知識が必要不可欠です。婚姻手続きでお困りの方はぜひ一度お声がけください。

新型コロナウイルスの流行と国際結婚手続きについて

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2020年06月02日(火)

新型コロナウイルスが流行している今般,外国人の方との国際結婚を考えていらっしゃるお客様で「婚姻手続きに必要な書類を準備できない」というご相談をいただくことがあります。

 

・本国(パートナーの母国)の役所がサービスを停止していて,独身証明書等を発行してもらえない。

・日本にある大使館・領事館が休館していて,婚姻要件具備証明書等を発行してもらえない。

 

このようなご事情により,婚姻手続きが進まないようです。

 

外国人の方の在留資格・ビザの問題については,新型コロナウイルスが流行してから様々な特例措置が発表されており,柔軟な対応がされている印象を受けます。

 

しかし,婚姻手続きについては,身分関係に関わる非常に重要な手続きになりますので,新型コロナウイルスによる特例措置等は設けられていません。

そのため,書類の準備が整うまで原則お待ちいただくことになります。

 

このようなケースではあまりお手伝いできる部分は多くないのですが,最近のケースで婚姻手続きのお悩みが解決した1つの例をご紹介します。

 

中国籍の方との結婚を考えられていたAさん。

中国から必要書類を取り寄せ,在大阪中国総領事館で「婚姻要件具備証明書」を取得する予定でした。

しかし,新型コロナウイルスの流行により,在大阪中国総領事館がサービスの一部を停止しており,婚姻要件具備証明書が取得できませんでした。

日本の市役所に問い合わせても「婚姻要件具備証明書は必須です」との回答のみ。

このような場合,中国領事館がサービスを再開するまで待つしかないのでしょうか?

 

答えは「いいえ」です。

 

中国国籍の方との婚姻手続きでは,「①国籍証明書②独身証明書及び③性別・出生年月日の記載された公証書を添付させ,審査を行い,届出及び添付書面に特段の疑義がない場合は,市区町村限りで受理して差し支えない」との通知が発出されています。(平成22年3月31日民一第833号民事局第一課長通知

単に市役所側がこの通知を把握してなかっただけだったため,この通知について市役所に電話で説明することで,婚姻要件具備証明書がなくてもスムーズに婚姻届を受理していただくことができました。

※①②③の書類は中国の役所で取り寄せていただく必要があります。

 

前述の通り,新型コロナウイルスの影響で婚姻手続きに関して特例措置が設けられてはいないのですが,中国籍の方との婚姻手続きのようにもともと発出されている通知を市役所が把握していないというケースはあります

国際結婚の手続きが難航してしまった場合,ひとつの市役所にだけ確認するのではなく,

住所地や本籍地,お住まいから近い市役所などいくつかの市役所に確認していただくのがおすすめです。

Copyright©行政書士大阪国際法務事務所All Rights Reserved. - [login]