メニュー

スタッフブログ - 行政書士大阪国際法務事務所

〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-2-13 マエダビル403

06-4708-8767電話受付時間/10 - 19時(平日) ※メールは24時間受付中国語・韓国語対応可能

スタッフブログ

帰化申請解説の基本ページはこちら

各ブログの詳細を読みたい方は,各記事の下にある『詳細情報』をクリックしてください。

帰化申請の期間と流れ①

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年09月13日(木)

京都法務局帰化申請

先日,帰化申請手続きのため京都法務局へ行ってきました。

京都法務局行ったときはいつも近くの鴨川沿いの景色を見たくて,ついつい遠回りしてしまいます。

 

帰化申請にかかる期間

帰化申請にかかる期間といっても,大きくわけると

  • ①帰化申請するまでの準備にかかる期間
  • ②帰化申請してから結果が出るまでの審査期間

の2つの期間があります。

 

帰化申請をする場合、行政書士などに依頼せず自分で進めていくのであれば、ほとんどの方が「法務局」に行き、

自分の帰化申請にはどんな書類が必要になるのか、必要書類を聞きに行かれると思います。ここから、帰化申請の第一歩目、書類の収集がスタートします。

 

本国書類の取得(韓国の方であれば韓国書類、中国の方であれば中国の書類、など)や日本の住民票、親族に日本国籍者や帰化した方がいる場合は戸籍謄本など取得を進めて行きます。

帰化申請の書類にはそれぞれの書類ごとに「有効期限」と、「記載されていないといけない内容」が定められています。

 

必要な内容が記載されていないために書類の取り直しが必要になることや、有効期限切れのために再取得をしなければいけないこともよくあります。

帰化申請するまでの準備にかかる期間というのは人によって様々ですが、何度も役所や領事館、法務局に足を運ぶ必要がありますので、半年かかったと話される方もいらっしゃいます。

ただ、いくら時間をかけていても、この段階ではまだ、「申請」というスタートラインにはたてていません。

 

書類の収集で大切なこととは

「記載されていないといけない内容」というのはつまり「審査する上で必要なポイント」ということです。

記載内容に問題がないか、注意すべきポイントを専門家の視点からチェックするという部分に当事務所の帰化申請の大きな価値があります。

韓国語の翻訳から帰化申請のご依頼に

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年09月06日(木)

本日は大阪入国管理局へ申請に行ってきました。

コスモスクエア駅から入管まではいくつかエスカレーターがありますが,台風の影響の為かすべて「故障中」と札がかけられ停止していました。

大阪入国管理局台風後

 

大阪入国管理局内では,短期滞在(観光ビザ)で関西空港から出国できない方のために延長の申請を受け付けていました。

 

 

 

 

大阪韓国領事館の翻訳者リストに掲載されるようになってから,翻訳のご依頼がかなり多くなってきました。

掲載業者の中では,領事館から一番近いということもあってか,領事館で書類取得後に直接お越しいただく方が大半です。

当事務所では翻訳時には利用目的をお伺いして翻訳をさせていただいています。

利用目的によってこちらがご提案できることも多く,「アポスティーユもお願いできますか?」など翻訳と一緒にご依頼いただいて,お客様のご負担を軽減できることもあります。

 

日本人と結婚する時の婚姻届に添付するための書類,親族が亡くなった時の相続のための書類,銀行への届出書類,不動産売買や不動産名義変更のための書類など・・・

書類が必要になる理由はみなさま本当にそれぞれです。

 

翻訳をきっかけにご来所された在日韓国人の方から,帰化申請をご依頼頂くケースも増えてきました。

韓国の戸籍があらかじめ確認できるケースが多いため,身分関係の登録の確認がスムーズで,こちらとしても有難いです。

帰化申請をご依頼いただいた場合,領事館での韓国戸籍の取得もこちらで代行を行っていますので,ご自身で領事館に行く必要はございません。

 

帰化申請はどうゆう流れで進みますか?という質問をたくさんいただきますので,次回は帰化申請の流れについてご案内します。

もちろん,帰化するなら日本語能力が必要です

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年08月30日(木)

 

先日は大阪法務局本局で帰化申請の受付に同行してきました。

大阪法務局の受付番号は,すでに500番台に突入しています。

明日も,当事務所では大阪法務局の帰化申請に行ってきます!

 

帰化申請は一般的に居住要件・生計要件・素行善良要件などといった要件を総合的に判断し審査がなされます。

生計要件であれば,給与明細書や源泉徴収票,納税証明書や課税証明書を提出して収入や納税状況を示します。

このように,それぞれ要件があり,その要件を満たしていることを証明するために様々な書類が求められます。

 

しかし,書類以外にも実務上求められる条件があります。

 

たとえば,帰化申請をする方は実務上,日本語能力が必要になります。

他の条件をすべて満たしていても,日本語がいっさい話せないとなると許可になるのは難しいです。

 

帰化申請では,だいたい小学校3年生レベルの日本語能力が求められると言われています。

小学校3年生のレベルってどんなレベルなんでしょう?簡単な小学生のドリルを見てみると,「水族館」とか「運動会」などを漢字で書けるレベルのようですね。

自分の日本語能力が不安,という方は一度ネットなどで小学校3年生の国語の問題を解いてみてもいいかもしれませんね。

日本語能力以外にも実務上必要になる部分についてご面談時にヒアリングをさせていただいています。ぜひ一度ご連絡ください。

 

 

帰化申請ブログ0830

面談室用にiPadを購入しました。よりスムーズにご案内できるよう努めていきます✨

中国人の帰化申請 国籍証書の取得

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年08月24日(金)

中国領事館

台風一過の中国領事館です。

 

日本の国籍法第5条1項5号の規定により,帰化の許可要件の一つとして「国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと」と定められています。

日本は二重国籍を認めていません。その為,日本国籍を取得する場合,それまでに所有していた国籍を失うことが必要です。

中国国籍の方が帰化申請される場合,「国籍証書」の取得が必須になります。本日は,国籍証書を在大阪中国領事館で取得する方法をご紹介したいと思います。

※未成年者(18歳以下)が申請する場合,手続きが異なりますので,ご注意ください。

 

申請に必要な書類

 

1申請書(退出中華人民共和国国籍申請表

・申請書の入手方法

領事館に備え付けている申請書を使用してもよいのですが,ホームページよりダウンロードして,事前に記入しておくことをお勧めします。

 

・記入時の注意事項

氏名,生年月日,旅券番号は必ず旅券の記載通りに間違えないようご記入ください。

「退籍理由」(国籍離脱する理由)の欄には,「帰化するため」だけでは足りません。具体的に,どのような理由で国籍を変えるのかを必ず記入してください。例えば,長年日本で生活し,帰国する予定がないなど,帰化申請をしようとする理由を簡単に書いてください。

 

2.旅券及び写真ページのコピー

 ※旅券の原本は提示する必要がありますが,帰化が許可される前にも使用可能です。

※以前は国籍証書の申請をすると,旅券は無効となり別途「旅行証」が必要でしたが,現在は「旅行証」の申請は不要となり,旅券が使用可能です。

 

3.在留カード原本及びコピー,或いは3ヶ月以内有効の住民票

 わざわざ住民票を取りに行かなくても,在留カードの原本を提示し,表面・裏面のコピーを提出すれば良いです。

 

4.証明写真2枚(3㎝×4㎝)

 ※貼付せずにそのまま提出してください。窓口担当者は,証明写真,旅券写真をチェックし,窓口に来られている方が申請人本人であるかどうかを確認します。

領事館での申請の流れ

上記書類を用意するにあたり,まず入口のカウンターで書類の点検を受け,不備がなければ,申請書類専用のクリアファイルと番号札を取得してください。記入に不備がある場合,ボールペンが渡され,再記入するようと指示されます。書類が揃いましたら,番号札を入手します。

 

2.番号が呼ばれましたら,窓口に申請書類を提出してください。担当者より「声明書」が渡されます。声明書には,「日本国籍を取得後,速やかに旅券の返還(护照的注销)手続きをすることを誓います」との内容が記載されており,確認のうえ,名前,生年月日,旅券番号等を記入し,署名して担当者に渡してください。

 

3.受取日や料金について案内されます。

 

受取りについて,郵送可能ですが,500円~1000円の郵送費用が掛かります。

領事館に出向いて受取る場合,かかる費用は手数料のみです。

受取日と手数料は下記の通りです。

普通(4営業日)               3000円

加急(2営業日)               6000円

特急(1営業日)※午前申請の場合当日3時以降 7000円

受取りは,営業日の9時から12時までとなっています。

 

以上が,「国籍証書」取得の一般的な流れです。申請人本人でしかできない手続きではありますが,当社は,ご依頼頂いた方に取得のタイミングや最新情報を案内していますのでご安心ください。

在日韓国人の帰化申請~領事館で必要な書類~

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年08月21日(火)

最近,韓国領事館にいる方からの翻訳のお問い合わせが多くなってきました。

当事務所は韓国領事館より徒歩3分の場所にございます。ぜひ,ご活用ください。

 

 

在日韓国人(特別永住者)の方の帰化申請では「韓国書類」が必須

韓国書類とは,韓国領事館で取得することができる韓国の戸籍などです。

2008年1月1日に韓国の戸籍制度が改製され,現在は家族関係登録簿となりました。なお,それ以前の戸籍謄本はすべて“除籍謄本”として発行されます。

家族関係登録簿では出生・死亡・婚姻・家族関係・養子縁組などの項目でそれぞれ分かれて証明書が発行されます。その為,帰化申請をされる方はこの証明書をそれぞれ取得する必要があります。

法務局へ提出する韓国書類にはすべて,日本語の翻訳が必要です。

 

 

書類取得の何が難しい?なんで必要?

これが実はとっても大変です。

量が多い,書類の取り方がわからない,どの書類がいるかわからない,法務局に持っていくと書類が不足していた,内容に問題があった・・・・・などなど。

結構色々と問題が発生しやすい部分でもあります。

でもこの書類を提出することがものすごく重要です。それは「身分関係」を確定するために必要な書類となるからです。

帰化申請が許可になると日本の戸籍謄本ができます。戸籍謄本には父母や出生地,氏名や生年月日などの情報が記載されますが,その内容の認定するために必要です。

だからこそ,書類を取得しただけではなく,内容に問題がないか,他の書類との齟齬がないかという内容の確認がなにより重要です。

 

 

当事務所では帰化申請をご依頼いただいた場合,書類の取得から翻訳まですべて対応しています。自分で領事館や翻訳会社を訪ねる必要は一切ありません。

 

 

京都帰化申請

先日,珍しく国籍課のない法務局へ行ってきました。

帰り道,車で渡月橋を渡りとても新鮮でした!

当事務所では京都の方からの帰化申請のご依頼にも対応しています。

 

 

帰化申請中に注意すること

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年08月07日(火)

今週は,大阪本局へ帰化申請に行ってきました。

受付番号は400番台でした。やはり,大阪府にある局ではダントツだなあという感じですね。

 

当事務所では,関西圏の方の場合,帰化申請時に同行しています。

そして,申請前と申請後にそれぞれ注意点をお伝えしています。

申請の時はみなさん緊張されるようで,色々とご質問事項がでてくるようですね。

 

帰化申請中は,「変わったことがあった場合,法務局への報告を忘れない」ということが大切です。

在日韓国・朝鮮籍(特別永住者)の帰化申請は何がちがう?

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年08月02日(木)

在日韓国人の帰化

今週は東大阪支局へ行ってきました。

大阪本局管轄の帰化申請が多いですが,在日韓国人の方は東大阪市にもお住いの方が多いので,東大阪支局に行く機会も結構あります。

 

 

在日韓国人の方だと,「親族が帰化している」という方,いらっしゃいませんか?

意外と,近くに帰化をした親族がいるケースが多いように感じます。

また,ご相談者の方から「親族の紹介できました」と有難いお言葉を頂くこともあります。

(こういったご紹介は本当にうれしい気持ちになります✨)

中国人の帰化申請―公証書について

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年07月31日(火)

7月もそろそろ終わりに近づいていますね。今年は,豪雨や激暑等,気候が異常だと感じられる方も多いでしょう。法務省のホームページでは,「平成30年7月豪雨」の被災地に居住されていた外国人について,出国事実の照会に応じると発表されています。照会ができる者は,照会対象者と家族・親族の関係にある人とされています。

具体的な方法は,下記のページをご参考ください。

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00126.html

 

さて,本日は,中国の公証書についてお話をしたいと思います。

ご存知のとおり,中国籍の方は,帰化申請をする際に,「身分関係を証する書面」として本国発行の公証書が求められます。

在日韓国人の帰化申請~結婚のタイミングは?~

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年07月26日(木)

帰化申請をするきっかけの一つとして「結婚」をお考えの方が多くいらっしゃいます。

 

日本人と結婚して,子どもが生まれ,自分以外家族みんな日本国籍だから。といった理由で帰化を決意される方もいます。

また,今後日本人と結婚予定があるため,先に帰化申請しておきたいという方もいます。

 

〇結婚と帰化とどちらを先にした方が良い?

基本的に,お客様の希望によります。(婚姻時期など)

icon 48 alertただし,帰化申請は8ヵ月~10ヵ月程時間がかかるので,入籍時期によっては間に合わないこともあります。

 

特別永住者(在日韓国人)の帰化申請について

カテゴリ: 帰化申請・国籍変更 公開日:2018年07月20日(金)

先日,東京法務局での帰化申請が受付されました。

大阪では普段提出していませんが,東京での申請では必要となる書類があるため,あらかじめ伝えておきました。

結果,追加資料もなく一回での受付になりとても喜ばれました。私もほっと一安心です。

 

当事務所での帰化申請は,大阪にお住まいの方からのご依頼が一番多くなっています。

やはり大阪には在日韓国人(特別永住者)が多く,大阪本局の申請件数も他の局と比べると多い印象です。

その他にも京都,兵庫,三重,東京などからご依頼をいただいています。

Copyright©行政書士大阪国際法務事務所All Rights Reserved. - [login]