メニュー

大阪国際法務事務所の先生はとても丁寧でした - 行政書士大阪国際法務事務所

〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-2-13 マエダビル403

06-4708-8767電話受付時間/9 - 18時(平日)※メールでのご相談は24時間受付中国語・韓国語対応可能

お客様の声-評判や口コミ、ご意見等

大阪国際法務事務所の先生はとても丁寧でした

カテゴリ: お客様の声 公開日:2020年05月08日(金)

2020.5.8

〇当事務所のサービスについて,ご意見・ご感想をお聞かせください。

とても丁寧にご対応くださったので大変助かりました。最初は不安だらけで何も分かりませんでしたが,一つずつ教えてくださって安心できる頼りです。この事務所の先生は本当に経験豊富で人柄のいい人ばかりです。こちらに頼んでよかったです。

〇担当者から一言

今回のご依頼は,転職後の「技術・人文知識・国際業務」ビザに関する就労資格証明書の申請でした。転職した後,在留期限が近い場合,仕事内容が「技術・人文知識・国際業務」に該当する場合は,そのまま更新申請をすることになります。では,転職した場合に,在留期限がまだ先の場合,その会社で働くことが良いのかどうか,不安に思う方もいると思います。

 

そのような場合には,「就労資格証明書」を取得をお勧めしています。

「就労資格証明書」は,就労ビザの在留資格を持つ方に多く利用され,転職などで勤務先が変わったような場合,新しい勤務先での就労内容(従事業務,活動内容)が,現在の在留資格の活動に含まれていることを確認する目的で申請し,出入国管理局から交付される証明書です。

 

つまり,「就労資格証明書」を取得できれば,新しい勤務先での就労に問題ないことが確認できます。今回のご依頼者様は,前職と違う業種に転職しており,不安に感じておられました。

 

しかし,在留期限は2024年だったので更新申請は難しく,その代わり,新しい職場で安心して働けるようにするためにも,「就労資格証明書」の取得をアドバイスさせていただきました。取得は強制ではありませんが,取得しておいた方が好ましいです。

 

もし,転職後の仕事内容に不安がある場合は,ぜひ当社へお問い合わせくださいませ。

Copyright©行政書士大阪国際法務事務所All Rights Reserved. - [login]