メニュー

経営ビザ(投資ビザ)は更新可能?-赤字決算の場合 - 行政書士大阪国際法務事務所

〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-2-13 マエダビル403

06-4708-8767電話受付時間/9 - 18時(平日)※メールでのご相談は24時間受付中国語・韓国語・英語対応可能

スタッフブログ

経営ビザ(投資ビザ)は更新可能?-赤字決算の場合

カテゴリ: 経営ビザ・投資ビザ 公開日:2018年05月15日(火)

経営管理ビザ_赤字

 

日本の経営管理ビザ(投資ビザ)で滞在する方から、「経営する会社の経営状況が不況のため,第一期の決算が『赤字』になりました。経営管理ビザ(投資ビザ)の更新は可能ですか?」と質問された方がいます。赤字になったとしても,更新の可能性はもちろんありますが,実際の会社の運営状況により,入国管理局の判断も変わります。

 

経営管理ビザ(投資ビザ)の更新の条件の中で,一番重要なことは,『事業の継続性』です。会社の決算が『赤字』になったとしても,事業活動が確実に行われている場合で,今後,経営状況の回復の見込みがある場合は,更新の可能性があります。

 

 

事業の継続性は,その年度の決算状況のみから判断するのではなく,会社の資本金や,事業の内容,資金の借り入れの状況等も含めて,総合的に判断されます。もしも,決算状況で会社の資産よりも負債が多く,債務超過の状態が長く続いた場合,『事業の継続性』が認められにくくなります。この場合,会社の経営活動の実態を確認され,活動内容に虚偽の内容がないか慎重に調査されます。

 

経営管理ビザ(投資ビザ)を取得し経営を開始し,第一期の決算が多少『赤字』だったとしても,今後の運営方針を説明しその立証資料を提出すれば,在留期間の更新が不許可になる可能性は低くなります。

一番問題となるのは,経営管理ビザ(投資ビザ)を取得後,経営活動を一切せず,事業所も解約するなどして,まったく事業を行っていない場合です。仮に,会社(法人)が存続していたとしても,事業の実体がない場合は更新の可能性はありません。『事業の継続性』のない『赤字』は,更新不可能となります。

 

会社の決算状況や,それまでの活動内容などにより,どのような資料を用意して申請するか判断が変わりますので,更新で不安がある方はお気軽にお問い合わせください。

 

※この記事の,中国語での要約です。

即使公司的经营情况不理想,第一期的决算没有盈利,甚至出现赤字(亏损) ,也有可能更新成功。经营管理签证(投资签证)更新时,需要根据许多细节进行判断,有任何疑问,欢迎随时咨询。

経営管理ビザ・投資ビザの解説ページはこちら

Copyright©行政書士大阪国際法務事務所All Rights Reserved. - [login]