メニュー

【経営・管理ビザの更新】分かり易く教えていただきました - 行政書士大阪国際法務事務所

〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-2-13 マエダビル403

06-4708-8767電話受付時間/9 - 18時(平日)※メールでのご相談は24時間受付中国語・韓国語対応可能

お客様の声-評判や口コミ、ご意見等

【経営・管理ビザの更新】分かり易く教えていただきました

カテゴリ: お客様の声 公開日:2020年07月14日(火)

2020年7月14日ブログ

〇当事務所のサービスについて,ご意見・ご感想をお聞かせください。

 今まで何か所も行っていろいろ相談を行ってきましたが,木村先生のところに来て相談にのって感動しました。こまかいところまで丁寧に説明させていただき,本当に分かり易く教えていただきました。未来のリスクとどんな部分はどんな準備をしていくか本当に詳しく教えていただきました。

〇担当者から一言

 今回のご依頼は,来日後の「経営・管理」ビザに関する更新の申請でした。ご依頼者様は,在留期限が2020年10月下旬でしたので,本来は在留期限の3か月前である2020年7月下旬頃からの申請受付となります。

 

 ただし,母国のご両親の体調が良くないとのことで,一度母国へ帰国することを希望されていました。しかし,新型コロナウイルスの影響により上陸が制限されている結果,一度日本から出国してしまうと日本に戻ることが出来ない状態でしたので,申請時期の7月下旬まで待って申請してから戻るか,先に一度帰国して在留期限までに日本へ戻ることが出来ることに賭けるか,という状態でした。

 

 当社からは,そのどちらの方法でもなく,一度事情を詳細に説明して,申請予定時期より早めに申請手配する方向で提案させて頂きました。そこで,予定より早く申請する理由などを詳細に説明し,在留期限の4か月半前である2020年6月上旬に申請し,無事に受理され,6月下旬には在留期間の更新が許可されました。

 

 出入国在留管理局のホームページにも記載がある通り,本来は在留期限のおおむね3か月前から在留期間の更新申請を行うことが可能です。ただし,在留期限の3か月前の申請では不都合が出る場合は,その理由次第で,それより前の時期でも申請できる場合があります。

 

 特に,現在は新型コロナウイルスの影響により,日本と母国との行き来も自由にできない状態です。そのため,急ぎ母国へ帰る必要がある場合など,何らかの理由で早めの更新申請を希望される場合は,当社までご相談ください。

Copyright©行政書士大阪国際法務事務所All Rights Reserved. - [login]