メニュー

【特定技能ビザ】増えた就労ビザの種類 - 行政書士大阪国際法務事務所

〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-2-13 マエダビル403

06-4708-8767電話受付時間/9 - 18時(平日)※メールでのご相談は24時間受付中国語・韓国語対応可能

スタッフブログ

【特定技能ビザ】増えた就労ビザの種類

カテゴリ: 就労ビザ・仕事ビザ 公開日:2020年03月17日(火)

昨年4月に増えた就労ビザの種類として特定技能」ビザというものがあります。

 

就労ビザには他にも

「技術・人文知識・国際業務」

「技能実習」

などのビザがございます。

 

しかし,「技術・人文知識・国際業務」ビザを取得するためには

専門的知識を使う頭脳仕事である必要があり

大卒などの学歴要件もあります。

 

単純労働の場合学歴要件を満たさない方

「技術・人文知識・国際業務」ビザ取得できないのです。

 

例えば,工場の工員は頭脳仕事ではなく単純労働とみなされ,

いくら熟練工であるとしても「技術・人文知識・国際業務」ビザを取得できません。

 

 

また,「技能実習」ビザ人手不足の解消手段としてはならないため,対象業種が限られています。

 

 

そこで,人手不足を解消するために作られたのが「特定技能」ビザです。

特定技能ビザならば

専門的知識を使わない仕事でも取得できます。

大卒などの学歴要件もありません。

 

特定技能ビザについては,いくつか条件がありますが,

 

外国人本人に対しては,

 

①その業界のテストに合格しているのか

②日本語能力試験N4レベル以上に合格しているか

③または,①②がなかったとしても,その業界での技能実習を2年10か月以上終えているのか

 

が主な条件となります。

 

その他,雇う会社側にもいくつか条件はありますので,

制度の概要は以下の入国管理局の資料を御覧ください。

http://www.moj.go.jp/content/001293198.pdf

 

日本で外国人の方が働く場合,ご不安点やご不明点があれば,ぜひ一度当社までお気軽にご連絡ください。

Copyright©行政書士大阪国際法務事務所All Rights Reserved. - [login]