メニュー

無職,低収入でも配偶者ビザは取得できますか? - 行政書士大阪国際法務事務所

〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-2-13 マエダビル403

06-4708-8767電話受付時間/9 - 18時(平日)※メールでのご相談は24時間受付中国語・韓国語・英語対応可能

スタッフブログ

無職,低収入でも配偶者ビザは取得できますか?

カテゴリ: 国際結婚・結婚ビザ 公開日:2019年10月04日(金)

本日も,大阪入管へ申請に行ってきました。

団体の申請が非常に多く,昨日は申請までの待ち時間が30分ほどだったのが,今日はなんと80分越えでした!

 

入管は時期によって,非常に混みあうことがあります。

ご自身で申請される際には,時間に余裕をもって行かれることをおすすめします。

 

さて今回は,配偶者ビザと収入のお話をしたいと思います。

 

「現在無職ですが,一生暮らしていけるだけの貯金はあります。外国籍の妻(夫)の配偶者ビザを取得することはできますか?」という質問をいただくことがあります。

 

入管は,現在の生活状況だけでなく,将来の生活の安定性についても重要視してきます。

 

そのため,たくさん「貯金」がある方よりも安定した「定期収入」を得ているかどうか,ということがビザの面では重要となります。

 

たとえば,1000万円の貯金があります!とアピールしても,貯金はいつか底をついてしまいます。

今後増える予定のない貯金よりも,安定した定期収入が重要視されるということです。

 

しかし,無職の方でも,配偶者ビザを取得できる可能性はあります。

 

配偶者ビザを申請する際,審査対象となるのは,日本人の配偶者だけではありません。

 

入管は収入面を審査する際に,世帯収入をチェックしますので,同一世帯で収入のある方がいらっしゃれば,配偶者ビザを取得できる可能性はあります。

また,無職ではないけど,収入が少ない方の場合は,生活費の一部を負担してくれる「経費支弁者」の存在をアピールすることも,ビザ取得の際に有利に働きます。

 

このように,無職・低収入だったとしても,収入面をカバーする方法はたくさんあります。

お悩みの方がいらっしゃれば,ぜひ一度当社までお問い合わせください。

Copyright©行政書士大阪国際法務事務所All Rights Reserved. - [login]